購入スタンプミニアプリ for メーカー LINEを、貴社商品の購入スタンプカードとして活用し継続購入を促すことでロイヤルカスタマーを育成する。

サービス詳細はこちらまで
お問い合わせ

CMやキャンペーンなど、
一過性の施策だけでは、
それらを繰り返さざるを得ない、
つまり消耗戦を続けることに

左記のようなマーケティング戦略では、
何かしらの施策をずっと実行し続けて
いかなければならず、
体力勝負となり打ち手を出し続けられる商品しか
生き残れなくなってしまいます。
つまり、CMやキャンペーンで獲得したお客さまを、
いかに流出させないか、が重要だと考えます。
特に今後、シェアの奪い合いが加速する時代において、
この視点は欠かせないのではないでしょうか?

上記のようなマーケティング戦略では、
何かしらの施策をずっと実行し続けていかなければならず、
体力勝負となり打ち手を出し続けられる商品しか生き残れなくなってしまいます。
つまり、CMやキャンペーンで獲得したお客さまを、いかに流出させないか、
が重要だと考えます。
特に今後、シェアの奪い合いが加速する時代において、
この視点は欠かせないのではないでしょうか?

あらゆる市場が縮んでいく
この国において
せっかく獲得したユーザーの
流出対策
は、もはや必須だ。

冒頭ご説明した通り、マーケティング施策を繰り返すだけでは、
果てしない消耗戦が続いてしまいます。
一方、せっかく獲得したお客さまの流出を防ぎ、リピート購入を促し、
ロイヤルカスタマーへ育てることで、
貴社商品のシェアおよび売上は、徐々に右肩上がりを描いていくことになるのです。

情報過多、景気停滞のいま、
ブランドロイヤリティだけでは
もはや生活者をつなぎ止められない

ニッポンの平均給与は10年間ほぼ横ばい

「令和2年分 民間給与実態統計調査 調査結果報告」(国税庁))を加工して作成

増え続ける情報量≒商品・サービスの選択権は、生活者が握っている

「我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計結果 (2021年5月分)」(総務省))を加工して作成

(*1) 2011年5月以前は、携帯電話網との間の移動通信トラフィックの一部が含まれる。 (*2) 『総務省 我が国の移動通信トラフィックの現状(令和2年3月分)』より引用(3月、6月、9月、12月に計測) (*3) 2017年5月より協力ISPが5社から9社に増加し、9社からの情報による集計値及び推定値としたため、不連続が生じている。 (*4) 2017年5月から11月までの期間に、協力事業者の一部において計測方法を見直したため、不連続が生じている。

収入が伸び悩み、明るい未来を描けない生活者は、
かつてないほど購入に慎重で、お得にビンカンです。
そして、CMやキャンペーン情報、ECサイトのレコメンド、SNS上のクチコミなど、
参考情報は選び放題。
手に取ってもらうには、雰囲気やイメージだけではなく、
明確な“購入利益(お得)”が必要な時代といえます。

貴社商品専用のスタンプカードをLINE上に生成し、
ついスタンプを貯めたくなるヒトの心理をつくことによって
商品の継続購入を促進、ユーザー流出防止にも。

それが
『購入スタンプミニアプリ
for メーカー』。

  • 初回購入3スタンプ付与
  • 購入ごとに1スタンプ
  • 3購入ごとにくじイベント
  • 購入ごとに1スタンプ
  • 10スタンプ貯まったらインセンティブ
購入ごとにLINE Pay残高やPayPayボーナスを付与
  • ポイント①

    最初から
    貯まっていると
    もったいない!と
    貯め始めやすい

  • ポイント②

    こまめに
    イベントがあると
    それが目標になり
    継続しやすい

  • ポイント③

    貯まらないと
    利益が受け取れない
    仕組みで
    離脱防止+継続促進

  • ポイント④

    少し遠い目標とは
    別途、すぐに
    受け取れる利益も
    用意

貯め始めやすく、
ついもう一回、気づけば継続購入。
そんな仕掛けや工夫で、
貴社商品のファン育成をサポート!

購入スタンプミニアプリ for メーカーは購入頻度やお客様属性ごとに最適な情報をお届けできるOne to Oneマーケティングツールにも

購入スタンプミニアプリ for メーカーは、スタンプカード機能の利用時に
対象商品のLINE公式アカウントと「友だち」になるため、
購入間隔が空いているお客さまに「最近お買い求め頂けていませんが、どうされましたか?」とリマインドメッセージを送ったり、
新商品発売時にはターゲットユーザーにだけ「こんな商品が出ました!」
と告知をしたり、
お客さまごとに最適な情報をお届けすることが可能となります。

ご提供機能

  • スタンプカードシステムカメラ起動レシート読み取り
  • 継続購入顧客向けコンテンツ使用頻度・価値を高める記事や動画
  • 継続購入促進運用マネジメント投稿
  • スタンプ貯蓄促進施策サポート例 : レシートアップでLINEpayの付与
  • リッチメニューデザイン

導入するメリット

  • CMやキャンペーンなど
    コストをかけて獲得した
    大切なお客さまの
    他社流出を減らし、
    継続購入する
    優良顧客が育成できる。
  • キャンペーンや
    プロモーションごとの
    継続率が
    把握できるから、
    その後の企画・施策の
    精度が高められる。
  • 利用率86.9%の
    LINEを活用する、
    つまり
    新たなダウンロード促進や
    サイト誘引のコストが
    省略できる。

お問い合わせ